陰翳礼讃

先日、新居が欲しい若い30代前半の夫婦から設計の相談を受けました。その会話の中で、特に印象深かった陰翳礼讃を今日は紹介します。谷崎潤一郎の1930年代に書かれた随筆で、戦後世界中に翻訳されたとても有名な評論です。私は20代にこれを読みましたが、そんなもんかと感じた程度で本当に理解したのはずっと後の30代で海外に出てからでした。

“陰翳礼讃” の続きを読む