市役所へ

shiyakusyo
天白区に計画中の住宅についての ”風致地区内建築等の許可申請”  略して”風致の申請” が無事おりまして、許可証を取りに行ってきました。
写真は名古屋市役所の取っ手。いい感じに銅が青くなってますね。
名古屋らしく、しゃちほこモチーフ。市役所へ行った際は、地下鉄の直通通路が便利ですが、建物入口の全ての取っ手がこの仕様ではないので、一度地上へ出てから建物へ入ると、この取っ手がみえます。
“市役所へ” の続きを読む

木は燃えやすい?

最近 ”燃え代設計” について研究しています。
燃え代設計とは、木が燃えると表面が炭化して、燃えるスピードが遅くなり、建物の崩壊を防いだり、避難の時間を稼ぐことを目的とした木造の設計方法です。
例えば、キャンプの時、薪で火をおこす際、火がなかなか燃え立たない、いつの間にか消えそうになってるということを経験したことありませんか?割り箸のような木は燃えますが、薪のように太い木は、燃えるスピードが遅くなかなか燃え進まない。
それを建築に活かしているのが燃え代設計です。決められた基準を満たせば、木造であっても耐火建築物となります。 “木は燃えやすい?” の続きを読む

Good news from NY

W_SpecialMention_2015
グッドニュースが舞い込んできました。
Architizer(アメリカの建築賞)でSpecial Mention, 特別賞に入賞しました。
惜しいことに優勝は逃してしまい、写真の掲載はありませんが、下記URLのページ、下のほうに
”The Typology Categories Special Mentions” というリストがあり、Turn,Turn,Turn, の名前を見つけていただけると思います。数千の応募者の中から上位に贈られる賞です。嬉しいです。
Architizer ウェブサイト
実は他にも嬉しいお知らせがあります。まだオフィシャルサイトに発表されていないので、私からは言えませんがイタリアの・・・というニュース。近々発表したいと思います。お楽しみに♪

省エネ住宅ポイント制度スタート

省エネ住宅ポイント制度について制度の変更があり、つい最近3月10日にその申請受付が開始されました。
新築、リフォームの際に住宅に環境負荷の少ない建材や設備を用いることでエコ住宅と評価され、評価ポイント(点数)を工事費に充当したり、環境に配慮した商品の購入費や商品券、環境に対する取り組みへの寄付に使えます。家を建てるには費用がかかりますから、うまく利用したいですね。 “省エネ住宅ポイント制度スタート” の続きを読む

左利きの有名人

アメリカ大統領に左利きが多いことは有名です。
調べてざっと出てくるのは、トーマス・ジェファーソン、ジェイムス・ガーフィールド、ハーバート・フーバー、ヘンリー・トゥルマン、ジェラルド・フォード、ロナルド・レーガン、ジョージ・ブッシュ(父)、ビル・クリントン、バラク・オバマがそうです。その昔アメリカは左利き=障害者と言われていた時期があったので隠れ左利きがいたかも?と言われているので、本当はもっといたのかもしれません。
コミュニケーションする為に通常人は左側の脳を使うらしいですが、左利きの人の場合この左右の区分はそれほど明確せず脳を使用しているようです。左利きが広範囲に脳をしようすることから、コミュニケーション能力を要求される政治家には向いているとのことです。あと、多くのノーベル賞受賞者や作家、画家が左利きに偏っているとも言われています。
“左利きの有名人” の続きを読む